新世界発展、向こう2年で賃料収入2倍へ

香港の不動産開発大手、新世界発展(ニューワールド・デベロップメント)の鄭志剛(エイドリアン・チェン)副会長は2月27日、向こう2年内に賃料収入が2倍になるとの見通しを示した。直近での巨額投資が効果を出すとみている。28日付明報などが伝えた。 2018年12月中間期決算の…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 建設・不動産IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

テイクオフ:大のブドウ好きだ。この…(09/24)

イベント中止、50超える 10月のグルメフェスも「黄信号」(09/24)

貿易発展局、19年輸出額を4%減と予測(09/24)

中小企業の海外移転、中国国有企業と連携(09/24)

米人権法可決なら「香港傷つく」、貿発局会長(09/24)

日系イベント情報(9月2回目)(09/24)

6日続落、米中協議への期待後退=香港株式(09/24)

HSBC、中国の「信用」回復へ渉外強化(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン