国巨、需要縮小で2月稼働率3割に

受動デバイス台湾最大手、国巨(ヤゲオ)の2月の設備稼働率が30%前後まで落ち込んだとの観測が浮上している。従来の不需要期に当たる上、各種受動デバイスの需要が縮小していることが背景にあるとみられる。経済日報などが伝えた。 証券筋によると、受動デバイス市場では現在、…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

HTC王執行長退任、後任に仏オレンジ幹部(16:22)

テイクオフ:南太平洋に浮かぶ人口約…(09/18)

郭氏、無所属での総統選断念 与野党一騎打ちなら、蔡氏有利か(09/18)

フーミーフン、7区で新プロジェクト開始(09/18)

台湾の半導体設備投資、19年は増加へ(09/18)

台北電脳公会、5Gの垂直応用連盟発足(09/18)

全家、11月にも台北で韓国チキン店(09/18)

聯強の新本部、世界明珠に24年落成(09/18)

韓国のフッ化水素の対日輸入量、8月はゼロ(09/18)

裕隆城の住宅エリア、開発を全面的に中止か(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン