• 印刷する

《日系進出》テルモがカテーテル増産、150億円投資

医療機器メーカーのテルモ(東京都渋谷区)は26日、主にカテーテル関連製品を生産するベトナム・ハノイの工場に3期棟として新棟を建設すると発表した。2020年12月の竣工(しゅんこう)予定。また、既存の1期棟、2期棟にも増産に向けて生産設備を導入する。新棟建設と生産設備導入への投資総額は5年間で約150億円を見込む。

この投資により、生産能力は従来の約2倍になる。同工場では主にカテーテル関連製品を生産し、中国やインドをはじめとするアジア、欧州、南米に輸出している。特に中国とインドでは、カテーテル市場の急速な拡大が予想されており、その需要に応えるために生産体制の強化を決めたという。

ベトナム工場は、ハノイ市メーリン郡のクアンミン工業団地に入居。08年に操業を開始した。テルモは、カテーテル分野では静岡、山口、岐阜のほか、ベトナム、米国、ベルギー、プエルトリコ、中国に生産拠点を構え、国内外で生産体制の強化を進めている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

南北高速道路、カムロ―ラーソン間を着工(09/18)

フーミーフン、7区で新プロジェクト開始(09/18)

HCM市の集合住宅価格、5年で50%上昇(09/18)

コンダオ空港、詳細計画改定版が承認へ(09/18)

グラブとハイネケン、東南ア事業拡大へ提携(09/18)

越航空とベトジェット、運賃表示で不和(09/18)

深刻化する電力不足、原発計画の再浮上も(09/18)

ドンアイン、国産初の三相500kV変圧器(09/18)

フィッチ、ペトロベトナム「BB」に格付け(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン