• 印刷する

テイクオフ:日本から河津桜の便りが…

日本から河津桜の便りが聞こえてくるが、ここ広州でも桜が満開を迎えている。花の名所として知られる華南農業大学では、例年よりも少し早めに大陸品種が見ごろとなった。日本では珍しい紅梅に近い色合いではあるものの、これはこれで味わいがある。

花見客でごった返す週末のキャンパス。近ごろは中国も桜を売りにした有料観光地が増え、学校の場合は部外者の出入りを制限しているケースも少なくない。無料で誰にでも開放されているこの大学は、春の息吹を求める市民にとってありがたい存在だ。

学内をぶらぶらと歩くうち、見物人のほとんどが売店で大学特製のヨーグルト飲料を買っているのに気づいた。なるほど、これなら大学としてもブランドの良い宣伝になる上、入場者の数だけ売り上げが見込める。農業大学のしたたかなマーケティング戦略に触れた気がした。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「念ずれば通ず」という…(03/26)

BYD、電気バスを日本投入 24年までに1千台、価格に自信(03/26)

電力公社がラオスと買電契約、21年まで(03/26)

保険料率の引き下げ、失業と工傷も=財政相(03/26)

華為、昨年の個人顧客部門は36%成長(03/26)

出産保険と職工医療保険を統合、年内に(03/26)

習氏、米政権をけん制=仏大統領と会談(03/26)

米スポーツ用品大手、香港に地域本部開設へ(03/26)

国有企業の利益、1~2月は10%増(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン