• 印刷する

テイクオフ:日本から河津桜の便りが…

日本から河津桜の便りが聞こえてくるが、ここ広州でも桜が満開を迎えている。花の名所として知られる華南農業大学では、例年よりも少し早めに大陸品種が見ごろとなった。日本では珍しい紅梅に近い色合いではあるものの、これはこれで味わいがある。

花見客でごった返す週末のキャンパス。近ごろは中国も桜を売りにした有料観光地が増え、学校の場合は部外者の出入りを制限しているケースも少なくない。無料で誰にでも開放されているこの大学は、春の息吹を求める市民にとってありがたい存在だ。

学内をぶらぶらと歩くうち、見物人のほとんどが売店で大学特製のヨーグルト飲料を買っているのに気づいた。なるほど、これなら大学としてもブランドの良い宣伝になる上、入場者の数だけ売り上げが見込める。農業大学のしたたかなマーケティング戦略に触れた気がした。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

8月のエネルギー生産、原炭は5%増(16:30)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(16:06)

テイクオフ:北京の昔ながらの路地「…(09/16)

中国との国境貿易、橋襲撃後に運送費が高騰(09/16)

国有企業が香港投資を強化か 経済支援で、存在感増大の懸念も(09/16)

米中が貿易問題で歩み寄り 関税上げ延期、農産物輸入は再開(09/16)

混乱の原因に「住宅」、業者を批判=新華社(09/16)

企業検査の透明性向上へ、国務院が指導意見(09/16)

海外からの対中投資、1~8月は6.9%増(09/16)

日本の牛肉輸出が過去最高、アジア好調(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン