• 印刷する

テイクオフ:「何と大胆な」と驚いた…

「何と大胆な」と驚いたのは、黒いマスク姿のウボンラット王女。訪問先で、出迎える人々の前に自動車から降りる姿が、一瞬テレビに映った。

バンコクの大気汚染は、王族も自身の健康を気にするほど深刻なのだろう。しかし王族の立場でマスクをすれば、政府の無策を暗に批判したと受け取られないか。あるいはこの方は、そんな余計な心配を超越した正直な方なのか。

思い巡らせていた矢先の、総選挙での首相候補への擁立劇だった。国王に制止され、一夜にしてご破算になった経緯の詳細は、いつの日か明らかになるだろう。その後も王女はテレビに登場し、麻薬撲滅と青少年の健全育成プロジェクト「トゥ・ビー・ナンバーワン」で、若者とともに歌い踊っている。擁立の失敗が立場を難しくしたのではないかという心配もまた、余計な取り越し苦労だったようで、何よりだ。(範)


関連国・地域: タイ
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の地元の駅の階段は…(03/26)

親軍政が得票伸ばし続投濃厚 暫定結果、小選挙区はタクシン派(03/26)

タイ政治巡る今後の動き(03/26)

「民主党の大敗」に見るタイ社会の変容(03/26)

何が変わり、変わらなかったか=タイ総選挙(03/26)

投票日前日に票の買収が横行=監視団体(03/26)

FTI会長が首相続投支持、経済界も継続性(03/26)

「市場は様子見続く」=みずほ総研松浦氏(03/26)

EEC政策などは継続=ソムキット副首相(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン