BHP上期減益、事故で生産性向上にも影響

英豪系資源大手BHPが19日に発表した2018/19年度上半期(18年7〜12月)の決算では、純利益が37億3,200万米ドル(約4,127億4,054万円)と、前年同期比8%減となった。南オーストラリア州オリンピックダム銅山の工場操業停止や西オーストラリア州ピルバラの電車脱線、チリの銅鉱…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニー国際空港の到着…(09/19)

富士フイルム、豪州企と契約 再生医療製品の開発・販売(09/19)

カンタスとヴァージン、羽田便を申請(09/19)

多国籍企、移転価格で国税局に譲歩要請(09/19)

BHP、排出削減の厳格化は株主決議を回避(09/19)

石炭ニューホープ、通期41%増益(09/19)

加企、シドニーCBDの駅ビル建設を落札(09/19)

シドニー住宅価格中央値、1年ぶりに上昇(09/19)

〔政治スポットライト〕豪労働党党首が方向転換、企業に歩み寄り(09/19)

金属再利用シムズ、本年度半期は減益見込み(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン