• 印刷する

テイクオフ:買い換えたスマートフォ…

買い換えたスマートフォンのセットアップを、黙々と続ける店員。香港の携帯電話売り場にはやる気のなさそうな無愛想な店員が多い。それでも他愛のない話をするうち、距離はすぐに縮まる。こちらではよくある光景だ。

訪日の際にゲーム機へ6,000円つぎ込んだ話や、東京と大阪の食事の価格差、満員電車の感想などなど話題は尽きない。セットアップが長引く中、別の店員に現金を渡して食事の手配を促す。「今日は遅番だから、ランチは午後5時頃なんだ」。年齢は30歳、今の月給は2万HKドル。「他店はそれよりさらに低い。家から少々遠くてもここで働き続けるしかない」と語る。

「周囲には3万、4万もらう知人も多いけどね」と、ふと遠くを見る。新聞やテレビのニュースだけでは分からない、今を生きる1人の香港市民の現実。セットアップの終了と同時に、彼は再び無口になった。(亀)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

利豊、サプライチェーンで中国離れ加速(03/22)

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

長和系3社の18年本決算、CKIは2%増益(03/22)

2月のCPI上昇率、2.1%に鈍化(03/22)

ヘンダーソンの李兆基氏、5月会長退任へ(03/22)

ヘンダーソン、今年は住宅1900戸発売(03/22)

民間住宅の空室率、5年ぶり4%台に(03/22)

テンセントの18年決算、純利益は10%増(03/22)

TVBが上場来初の赤字、本業は堅調(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン