HCM市のM&A、外資流入で活況

ベトナム・ホーチミン市で、外国資本による合併・買収(M&A)が活況だ。規制緩和が寄与したもので、今後は高付加価値産業への投資呼び込みが課題だ。18日付サイゴンタイムズが伝えた。 同市人民委員会のレ・タイン・リエム副主席は14日、南部ビンズオン省で行った会見で、2018…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

3月訪韓客数12%増、日本が伸び率首位(13:08)

アボイティス、ベトナム再エネ事業に投資へ(12:51)

越のモバイル決済、伸び最大 携帯大手参入も「利用は限定的」(04/24)

米西海岸行のコンテナ船、ハイフォンに寄港(04/24)

HCMメトロ、住宅工事で地盤沈下の恐れ(04/24)

三栄建築設計のオフィスビル、3Qに開業へ(04/24)

豚コレラの拡大続く、北部ラタナキリ州で(04/24)

ガス供給量減少、南部の電力生産に危機感(04/24)

日越4団体、産学連携で溶接技術の研究(04/24)

ソニー、4KELテレビの最上位機種を発表(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン