〔政治スポットライト〕NZと中国、華為問題で観光業界に影響か

ニュージーランド(NZ)政府は、通信最大手スパークNZ(旧テレコムNZ)に、中国の通信設備・機器大手の華為技術(ファーウェイ)の機器使用を避けるよう通達している。これによりNZの観光業界では、NZと中国の関係が悪化しており、中国人観光客が減る恐れがあるとの懸念…

関連国・地域: 中国ニュージーランド
関連業種: IT・通信観光マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

豪州、G7へ初の特別参加 今後のG8形成も視野?(08/26)

大林組、共同事業体でNSW建設事業進行中(08/26)

NZ企、豪の住宅市場20%縮小を予想(08/26)

パイプラインAPA、米国で資産買収に本腰(08/26)

東部州、ガス高騰で製造業の危機が深刻化(08/26)

シェルが豪ERM買収、電力小売市場に参入(08/26)

豪が印に石炭売り込み、中国の需要低下で(08/26)

〔ポッサムのつぶやき〕豪の男女賃金格差、性差別が理由の1位(08/26)

フェアワーク委、非労組の労使協定を容認(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン