• 印刷する

テイクオフ:旧正月(春節)から約2…

旧正月(春節)から約2週間が過ぎ、シンガポールの街の雰囲気もだいぶ平常通りに戻ってきた。ただ街中で耳を澄ますと、どこかしらから、けたたましい太鼓の音が聞こえてくる。どこかのオフィスで今日もライオンダンス(獅子舞)が行われているのだろう。

春節が来てから1カ月ほどは、法人主催のイベントやプレスカンファレンスでは必ずと言っていいほどライオンダンスが披露される。とりあえず縁起担ぎに獅子たちを招いておくものらしい。街中では、チーム名が書かれた大きな旗を掲げたトラックが走るのをあちこちで見掛ける。荷台には赤や黄色、オレンジ色の衣装に身を包んだ若者たちが、獅子のかぶり物などと共に運ばれている。少しやんちゃそうな見た目の人が多いのも特徴だ。

この時期の取材は、ライオンダンスを見るのも楽しみの一つになりそうだ。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本製陶器ドリッパーをPR トランク、カフェアジアに初出展(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

アジア企業景況感、1~3月期も低迷(03/22)

アジアのインフラ開発で米国と協力推進(03/22)

中国経済減速の影響大、ムーディーズ調査(03/22)

雲南料理店、ジュエルチャンギに海外1号店(03/22)

オネストビー、一部地域向けに1時間で配達(03/22)

越の配車アプリ「ファストゴー」、来月進出(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン