• 印刷する

テイクオフ:マレーシア気象庁による…

マレーシア気象庁によると、猛暑と乾燥が少なくとも4月まで続くとの予想だ。もっともここ最近の天気を見ていると、少なくとも前半に関しては、大当たりのような気がする。朝はそこそこ涼しいのだが、昼にかけては南国の天気を絵に描いたようなピーカンの青空。気温も上がり、オフィス近くで昼食を買い出しに行くだけでじっとりと汗がにじんでくる。

ところが、気象庁の予測通りはここまで。午後に入るとどこからか出てきた雲が空を覆い、雨が降る。お湿りのような小雨もあれば、雨期が戻ってきたようなどしゃ降りもある。いずれにせよ、気象庁がいう「乾燥した天気」の中長期的予測にはまだ程遠い。

週末のブキビンタン。太陽がさんさんと照りつけているのに、大粒の雨が地面を濡らし始め、慌てて近くで雨宿りする。東南アジアの天気は、いまだに読みにくい。(角)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

32億リンギ規模の環境事業、年内に入札へ(03/22)

建設品質評価システム、20年に導入義務化(03/22)

空気汚染指数が100超え 季節外れのヘイズ、要因は異常気象(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

RM=27.1円、$=4.06RM(21日)(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

ベルマツ、20年度は販売1.6万台見込み(03/22)

プロトン、パキスタンに組み立て工場建設へ(03/22)

マレーシア航空買収、国内外の数社が関心(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン