プノンペン特区社、18年通期は純利益3倍へ

プノンペン経済特区社(PPSP)は15日、2018年12月期決算の純利益が前期比3.0倍の502万米ドル(約5億5,000万円)になるとの見通しを明らかにした。売上高は2.1倍の1,926万米ドルを見込む。主力の土地リース事業が好調で、外資企業の入居が増えたようだ。 営業コストは3.0倍の…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EU制裁巡る調査に慎重意見 アディダス、発動なら生産移管も(03/26)

政府が民間企業から買電計画、電力不足対策(03/26)

電力公社がラオスと買電契約、21年まで(03/26)

雲南聖茂投資、大型複合開発の販促で提携(03/26)

外国人観光客数、19年は660万人見込む(03/26)

JTキャピタルに免許、金融派生商品を仲介(03/26)

縫製工場の労働者への再教育、全国に展開へ(03/26)

娯楽施設ロックの薬物事件、警察官も逮捕へ(03/26)

商社BJC、周辺国でガラス瓶の新工場計画(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン