• 印刷する

中小企業への税優遇、申請要件に不満

カンボジア中小企業協会連盟(FASMEC)は、政府が2018年10月に中小企業を対象に導入した税優遇措置について、現状では申請できる企業は少ないとの見方を示している。煩雑な申請手続きが障壁になっている。プノンペン・ポスト(電子版)が14日伝えた。

FASMECのテ・タイン・ポー理事長は、「中小企業にとっては事業計画や財務諸表を提出するのも難しい」と説明。政府に対し、申請手続きの簡素化を要請する意向を示した。 

優遇措置では、農作物の生産、食品の生産・加工、国内向け製品の生産、廃棄物処理、観光商品の開発、完成品の生産や部品の組み立て、IT、調査などを手掛ける中小企業を対象に、所得税が3~5年免除される。

ただし、申請には定款や関連ライセンス、事業計画や財務諸表のほか、物品・サービス契約書など、それぞれの優遇措置で求められる書類を提出する必要がある。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

カンボジア、ラオスに早急な送電を要請(08/26)

プノンペンSEZ、上期に黒字転換を実現(08/26)

日本のカンボジア投資、上半期は5億米ドル(08/26)

中国系「ザ・ワン・モール」、12月に開業へ(08/26)

首都北部の高層集合住宅、上棟式を実施(08/26)

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/26)

衣料品の在庫販売ショーイチ、3号店を開設(08/23)

首都港のコンテナ取扱量、1~7月は30%増(08/23)

パブリック銀行、公共サービスの手数料徴収(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン