• 印刷する

操縦士不足の恐れ浮上、10年で1.7万人必要

インドの航空業界が操縦士不足に陥る恐れが出ている。オーストラリアのシンクタンク、アジア太平洋航空研究所(CAPA)によると、路線網の拡大と増便に伴い、向こう10年間で1万7,000人を追加する必要がある。ビジネス・スタンダード(電子版)などが伝えた。

インドでは毎月9機前後の飛行機が新規投入されている。CAPAの試算では、操縦士の数は現在7,900人超。飛行機の増加によって2018/19年度(18年4月~19年3月)に1,500~2,000人、向こう10年間に1万7,000人の操縦士を追加する必要があり、うち9,000人は機長に昇格することが求められる。だが人材の確保に遅れが生じているようだ。17/18年度に追加雇用された機長の数は、16/17年度から約10%減ったという。

ある航空関係者は「1機につき機長と副操縦士がそれぞれ最大6人必要になる。操縦士が機長に育つには4~5年かかる」と話す。

業界関係者の間では、格安航空会社(LCC)大手インディゴで先週から続いている欠航は操縦士不足が原因との見方がある。インディゴは9日に40便をキャンセルして以降、毎日30~50便近くを欠航。3月まで1日約30便の欠航が見込まれている。ただ、同社は「悪天候が原因」と説明し、操縦士が不足しているとの説を否定している。


関連国・地域: インド
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

現代自がインド開拓を加速 現地配車大手に335億円投資(03/21)

車部品フォーチュン、インド工場が本格稼働(03/21)

豪産炭業界、中国避けてインドで石炭販売も(03/21)

T7グローバル、海洋サービスで2社と合弁(03/21)

車部品の万都、印マヒンドラにADAS供給(03/21)

スマホ大手の小米、18年本決算は6割増益(03/21)

テイクオフ:インド最南端の町カニャ…(03/20)

アフリカで3国間協力を加速 インド工業連、日本など5カ国と(03/20)

パナ、地場配電とEV充電施設を設置(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン