• 印刷する

越と北朝鮮、外相会談で「見解一致」

ベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相は訪問中の北朝鮮で、李容浩外相や朝鮮労働党の李洙墉副委員長などと会談した。

朝鮮中央通信などによると会談でファム・ビン・ミン、李容浩両外相は、両国の関係がいっそう発展するうえで焦点となる地域および国際問題などに関して深度ある対話を行い、見解の一致をみたという。聯合ニュースによると「見解の一致」という表現から28日の米朝会談後、金正恩朝鮮労働党委員長が国賓待遇を受ける可能性が高いとしている。

今回の訪問でファム・ビン・ミン外相は金正恩委員長との面談はせず、李洙墉副委員長を通して贈り物を受け取るのみとなった。また故金日成、故金正日両委員長が眠る錦繡山太陽宮殿や故金日成委員長の生家がある萬景台も訪問した。


関連国・地域: 北朝鮮ベトナム
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

HCM市の大気汚染が深刻化 解決めど立たず、健康対策が急務(11/19)

三重県企業が商談会、食品中心に24社出展(11/19)

エコカー部品輸入などに優遇税制を=首相(11/19)

Bグリム、カンボジア太陽光発電に参入(11/19)

地場の車企業が業績不振、韓国企業が買収も(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

ハノイメトロ、従業員28%が休業も補充済み(11/19)

SCIC、クアンニン火力発電株売却へ(11/19)

再生エネのマッタン、国内外シェア拡大狙う(11/19)

ビナテックス、2子会社から出資引き揚げへ(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン