シングテル、10~12月期は14%減益

シンガポールの通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)が14日発表した2018年10~12月期(第3四半期)の連結決算は、純利益が8億2,300万Sドル(約672億6,000万円)となり、前年同期比14.2%減少した。現地の同業バルティ・エアテルに出資するインド市場での競争激化や、…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米フィットビット、活動量計を無償提供(19:16)

UOB銀がハノイに支店、北部需要を開拓へ(19:16)

商社ノーブル、LNGとレアアースに注力(19:16)

高齢者の半数、フルタイム雇用希望(19:17)

景況感悪化、4割が減収予測=中華商工会調査(19:17)

テイクオフ:シンガポール南端にある…(08/22)

2021年までオフィス賃料上昇 東南ア4都市、テック企業増で(08/22)

東南アの訪日者、7月は7%増の22万人(08/22)

スマホアプリで商標登録、世界初の試み(08/22)

4~6月期の業績悪化、上場企業6割(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン