• 印刷する

テイクオフ:香港では最近、政府が定…

香港では最近、政府が定年の年齢を引き上げるという話題が盛んだ。50代後半のわが母親は昨年、諸事情で仕事を辞めた。これが定年のきっかけになるかと思ったら、まさかの再就職に向けて活動している。

会計関係の仕事に何年間か就いていたが、方向を変えたようだった。警備員のバイトをしながら、デザート職人のクラスに入学。全コースを通うと一定の経済的な援助を受けられるほか、関連の仕事を紹介してもらえる仕組みらしい。しかし、クラスが終わったら高齢者施設での介護アシスタントとなり、香港鉄路(MTR)のバイトも始めた。再就職というより、もはや社会科見学気分と言っても過言ではない。

しばらくは働き盛りの様子を見せてくれる母。一方、定年後に再就職したくても難しい高齢者はいる。香港政府は今後どのような措置を実施するのか。慎重に検討してほしい。(伊)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

長和系3社の18年本決算、CKIは2%増益(03/22)

2月のCPI上昇率、2.1%に鈍化(03/22)

ヘンダーソンの李兆基氏、5月会長退任へ(03/22)

ヘンダーソン、今年は住宅1900戸発売(03/22)

民間住宅の空室率、5年ぶり4%台に(03/22)

テンセントの18年決算、純利益は10%増(03/22)

TVBが上場来初の赤字、本業は堅調(03/22)

高級腕時計のエンペラー、今年6店出店へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン