主要港貨物、18年4月~19年1月は3%増加

インド主要12港の2018年4月~19年1月の貨物取扱量は前年同期比3.1%増の5億7,886万トンだった。18年12月時点の3.8%増から伸びがやや鈍化した。 港湾別では9港が前年同期実績を上回った。最も伸びたのは南部カマラジャル港で15.6%増加。以下、東部コルカタ港(ハルディア港を…

関連国・地域: インド
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:地元メディアはこのとこ…(06/25)

製造業の景況感が停滞 原料費の上昇など響く=商工会(06/25)

産業訓練校にEV技術者講座、当局が開設(06/25)

二輪ヒーロー、近隣国で「BS4」販売拡大(06/25)

車両保険の単体商品、9月から販売可能に(06/25)

建設L&T、東部で火力発電所の建設受注(06/25)

バーラト重電、火発関連で受注84億ルピー(06/25)

経営難の国営通信BSNL、政府に支援要請(06/25)

テックマヒンドラ、エアバスと複数年の契約(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン