• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアの公園で…

オーストラリアの公園で突然けたたましい「笑い声」が聞こえたら、それはワライカワセミだ。いつも何がおかしいのかと一瞬思ってしまうほどの鳴き声で、1羽だけでもかなり大きいが、数羽集まるとかなりの音量になる。

なかなか愛嬌(あいきょう)のある顔をしており、結構な距離を近づいても逃げなかったりするので意外に人なつこい鳥なのかと思っていた。ところが、最近知って驚いた生態の一つに、巣で一番先に卵からかえったワライカワセミは、同じ巣でまだかえっていないか、かえったばかりのカワセミを殺して、自分だけが親鳥の世話を受けて生き残るというものがあった。

人間の安易な感傷を持ち込んでも筋違いだが、ワライカワセミの幼少期の生存戦略を知ってからは、鳴き声を聞く度に、生き残ったものの勝利の雄たけびに聞こえるようになってしまった。(頼徳)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で一時期話題になっ…(02/22)

QLD州でガスが足りない! 25年までにLNGフル稼働困難(02/22)

FMG66%増益、鉄鉱石価格上昇と需要増で(02/22)

グレンコアが石炭生産制限、投資家の圧力で(02/22)

豪1月失業率、5.0%で横ばい(02/22)

税回避タスクフォース、総額77億ドルを徴収(02/22)

〔政治スポットライト〕前外相が議員辞職、次期選挙出馬せず(02/22)

R&D税控除制度、政府がガイドライン発表(02/22)

ペルーとの貿易協定遅延、豪労働党が再交渉(02/22)

〔ポッサムのつぶやき〕豪裁判所、ビザ不服申立て未処理6万件超(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン