首都政府、歩道・排水溝の整備強化

カンボジアの首都プノンペン政府は近く、市内の一部歩道や排水溝の整備に乗り出す。通行路の確保や景観の美化、水害の防止が目的。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。 プノンペンのコウン・スレン知事によると、歩道の整備は中心部からプノンペン国際空港へ向かうロシア通り…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

南部国際港、民間主導で刷新 上組など株取得、JICAは覚書(05/27)

中国宝武鋼鉄、生産移管を検討(05/27)

野党不在の地方選、与党が圧勝へ(05/27)

フン・セン首相、29~31日に訪日(05/27)

アジア開銀、太陽光発電に760万ドル融資(05/27)

シアヌークビルの汚水処理場整備、計画承認(05/27)

首都住民のごみ不法投棄、罰金を検討(05/27)

地方開発銀、農家育成に200万ドル拠出(05/27)

10月に観光見本市、6千人が来場見込み(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン