統計局、中銀に通貨安定策を要請

ラオス計画・投資省傘下のラオス統計局(LSB)は、中央銀行に対して通貨キープ相場の安定策の導入を要請した。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が伝えた。 このほど発表したインフレに関する報告書で、「現状の通貨安が続けば、インフレの進行に伴う生活費の上昇が大きな問題…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

IMF、ラオス経済の長期見通しは楽観的(08/16)

【ラオスの日本農業】「青い食品」独自技術で実現 ツジコー、色素粉末の販路開拓へ(08/16)

中国に肉牛供給へ、米中貿易摩擦で商機(08/16)

スーチー氏、若手起業家に期待 日メコン行事「日本に感謝」も(08/15)

ボリカムサイ県に国内第2の「団結模範郡」(08/15)

メコン起業家ら討論会、豊通からも参加(08/15)

【ラオスの日本農業】「南方生薬の基地」地元と共存 ツムラ、農園・雇用拡大一歩ずつ(08/15)

違法両替所がインフレの要因、商議所が警告(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン