• 印刷する

テイクオフ:春節(旧正月)の連休に…

春節(旧正月)の連休に合わせて一時帰国し、東京に立ち寄った。築地の水産卸売市場は豊洲に移ったが、場外市場はそのまま残っていると聞き、訪れてみることに。足を踏み入れると、観光客でごった返しており、以前と変わらぬ賑わいが感じられた。外国人も多い。ただ、見たところ欧米人や韓国人が中心のようで、大挙して訪日しているはずの中国人の姿はほとんど見かけなかった。

場外市場で寿司を堪能した後、その足で都内の有名家電量販店をのぞいてみると、店内のいたるところから中国語が聞こえてくる。築地とは打って変わって中国人旅客だらけだ。

店内に流れる中国語の放送。ずらりと並ぶ中国語のポップ。会計時はもちろん中国の電子決済が利用可能だ。「爆買い」はやや下火と言われているものの、日本の家電量販店は依然として中国人にとって人気が高いことを垣間見てなんだかほっとした。(川)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

FA強化へ地場メーカーに出資 三菱電機、中国市場の販路開拓(20:24)

地場メーカー、中国企業とLNG事業で提携(18:35)

PLDT、華為などと5G商用化で交渉(21:14)

観光促進に4戦略、国境観光や特別割引(21:24)

米国債保有残高、23カ月連続で中国が首位(18:49)

「デモの経済影響小さい」 著名学者、基盤安定を強調(06/18)

テイクオフ:ドラゴンボートレースは…(06/18)

MINISOが100店舗突破 売上40億ルピーへ、ECにも進出(06/18)

レアアース規制「策定中」 発改委、対米輸出規制を再度示唆(06/18)

訪台中国人観光客が大幅回復 ビザ条件緩和が奏功、5月82%増(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン