• 印刷する

テイクオフ:今年の干支(えと)は猪…

今年の干支(えと)は猪(ブタ)ということで、ムスリムへの配慮から昨年の犬に続いて2年連続で動物が目立たない旧正月(春節)となった。隣国シンガポールで街中いっぱいにブタの飾り物が練り歩いているのとは大違いだ。

では盛り上がっていないかといえば、さにあらず。聞けばマレーシアは中国人観光客の訪問先トップ5に入っているということで、数多くの観光客を見かけた。クアラルンプール市内の商業施設に行くと、あちこちに中国人の団体客がいる。が、よく見ればそれは団体客でも全員同じ親類縁者の集まりのようだ。ファミリー向け観光地マレーシアというわけか。

極め付けは、旧正月名物の爆竹。隣国では禁止されているほか、中国本国でも禁止令が出ているところがある中で、これでもかと昼夜問わずバンバン鳴っている。来年も不浄の動物ネズミだが、これなら十分楽しめそうだ。(角)


関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

東南アの訪日者、単月で過去最高の41万人(05/22)

投資JCG、マレーシアの美容医療企業買収(05/22)

ジョ州との高速鉄道、9月まで建設延期で合意(05/22)

AIA、メディックスとア太で提携拡大へ(05/22)

Vテック、顧客がマレーシアへ生産移管計画(05/22)

エネ当局、発電公団のLNG輸入計画保留に(05/22)

テイクオフ:調理中、自宅のガス警報…(05/21)

介護素材を東南アジアで拡販 京都企業、マレーシアに工場(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン