世界で大衆薬再編相次ぐ、コスト削減で生き残り

【ロンドン共同】薬局で購入できる風邪薬などの一般用医薬品(大衆薬)事業の再編が世界で相次いでいる。大衆薬分野は競争が激しく、広告費などで多額の経費がかかる。各社とも規模の拡大によってコストを削減して生き残りを図る狙いで、今後も同様の動きが相次ぎそうだ。 英グラク…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

航空各社が運航見直し、新型肺炎流行で(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

ホンダの武漢工場、再開は3月11日以降に(02/22)

日系ベンチャー、野菜栽培実証 アジア全域での事業展開にらみ(02/21)

1月の輸出受注、12.8%減 11カ月ぶり2桁減、2月も低迷へ(02/21)

スズキ四輪、4年ぶり参入か 複合ナザと代理店交渉=地元報道(02/21)

JALUXが首都空港に免税店を開設(02/21)

クルーズ船乗員も陰性、近く出航(02/21)

テイクオフ:1人の大蔵省(現財務省…(02/21)

香港市民の訪日旅行に暗雲 新型肺炎影響、3~4月に減少か(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン