世界で大衆薬再編相次ぐ、コスト削減で生き残り

【ロンドン共同】薬局で購入できる風邪薬などの一般用医薬品(大衆薬)事業の再編が世界で相次いでいる。大衆薬分野は競争が激しく、広告費などで多額の経費がかかる。各社とも規模の拡大によってコストを削減して生き残りを図る狙いで、今後も同様の動きが相次ぎそうだ。 英グラク…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

電通、地場の同業レダーを完全買収(12:44)

テイクオフ:シンガポールは東南アジ…(03/20)

国際特許、アジアが過半数=18年出願(03/20)

人脈広げコンテンツ輸出増へ 総務省がイベント、映像見本市(03/20)

2月の新車販売は1.8%減に 商用車2桁減、SUVがけん引役(03/20)

韓国化粧品、日本で存在感 低価格帯戦略が奏功(03/20)

アップルが新アイパッド、品ぞろえ強化(03/20)

アフリカで3国間協力を加速 インド工業連、日本など5カ国と(03/20)

九州など5県、香港フィルマートに出展(03/20)

訪日シンガポール人、2月は11%増(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン