• 印刷する

テイクオフ:韓国では頭を下げるお辞…

韓国では頭を下げるお辞儀のことを「チョル」と言い、ひれ伏して地面に頭を付ける座礼を「クンチョル」と言う。相手への礼式という点で、日本と韓国に大きな違いはない。異なるのは誰が誰に「礼」をするかだ。

韓国では、クンチョルは目下の人が目上の人に対してのみ行う。旧正月や秋夕(中秋節)に親戚が集まると、おじいさんやおばあさんに対して子息や孫はクンチョルを行うが、その反対はない。おじいさんやおばあさんは、椅子に座って「礼」を受けるのがしきたりなのだ。

一方、日本はどうか。当方の妻は韓国人だが、初めて当方の祖父母に挨拶した時に最も驚いたのが「祖父母から座礼を受けた」ことだという。「座礼を目上の人から受けるのは初めてで、どう返していいかわからなかった」と話してくれた。

1つの作法にも日韓には大きな違いがあるのが面白い。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

破綻の韓進、債権者5行が親会社株20%取得(15:48)

6月企業景況感は74、前月比1P上昇(16:22)

熊津グループ、コーウェイを再売却へ(15:46)

サウジ皇太子訪韓、大規模な投資・協力へ(15:46)

テイクオフ:フランスとドイツの国境…(06/27)

日韓関係、企業の懸念相次ぐ 討論会でリスクに言及(06/27)

トランプ氏が財界トップと会談か=韓国紙(06/27)

サムスン、ドイツテレコムと5Gなど協力へ(06/27)

サムスン次期折り畳みフォン、携帯性重視か(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン