ラオス政府、21~25年の開発計画を策定

ラオス政府は、2021~25年の国家開発計画の策定を完了した。天然資源への依存が大きい現状から、知識集約型経済に移行することや、環境に配慮した持続可能な経済成長を図ることなどを盛り込んだ。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が1日伝えた。  政府は持続可能な経済開発に向…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ラオスの国際競争力ランク、113位に後退(10/17)

チームコンサル、ラオスの水力発電所で契約(10/17)

日立が昇降機の子会社、事業を本格化(10/16)

ラオス南部4県、観光振興でベトナムと連携(10/16)

サイニャブリ水力発電所、月内に全面稼働へ(10/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン