白物家電の18年出荷額、22年ぶり高水準

【共同】日本電機工業会が28日発表した2018年の白物家電の国内出荷額は前年比4.1%増の2兆4,452億円となり、1996年以来、22年ぶりの高水準だった。夏の猛暑により、エアコンの出荷台数が72年の統計開始から過去最高となったことが寄与した。 国内出荷額が前年を上回るのは3年連…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

三菱電機、FA強化へ地場メーカーに出資(16:07)

アンコール遺跡修復に奮闘 上智大、当局は人材不足に直面(06/18)

高速ブロードバンド市場勃興 最大手MPTが拡大路線鮮明(06/18)

ネット機器悪用に注意喚起、総務省(06/18)

MINISOが100店舗突破 売上40億ルピーへ、ECにも進出(06/18)

九州電力と豪企業が共同調査 WA州でFLNG開発(06/18)

10~4月の対日貿易11億ドル超、黒字続く(06/18)

米国が情報共有中断も、韓国の華為使用で(06/18)

米がTPPただ乗り姿勢、農業要求・車譲らず(06/18)

阪急阪神不、コンド事業の参画戸数1万戸超(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン