トヨタ労組、賃上げ平均1万2千円要求

【共同】トヨタ自動車労働組合(西野勝義委員長、約6万9,000人)は28日、2019年春闘で、定期昇給やベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分を合わせ、期間従業員らを含む全組合員1人平均で1万2,000円の賃上げを要求する執行部案を発表した。全組合員ベースの前年回答水準(1…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】成長支える日本の「信頼」 ゆがむ成長(5)面で捉え商機に(06/25)

テイクオフ:相手の発言を聞き終わる…(06/25)

海外直接投資が再び落ち込み 5月は前月比7割減の1.5億ドル(06/25)

【予定】25日 日産自動車、定時株主総会ほか(06/25)

エバー航空スト、長期化懸念 7月も一部欠航に、観光にも影響(06/25)

富士ゼロ、再資源化工場閉鎖 長年実績も電子ごみ輸入規制響く(06/25)

ダバオ市、戒厳令解除へ 投資呼び込みで市長が意向表明(06/25)

【人事】セコム上信越常務に阿部賢一氏ほか(06/25)

双日と大阪ガス、天然ガス供給で合弁(06/25)

ケーヒン、トヨタからエンジン部品を初受注(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン