通信M1、18年通期決算は増収減益

シンガポール通信3位のM1が28日発表した2018年12月期決算は、純利益が1億3,070万Sドル(約105億4,700万円)となり、前期から6.0%減少した。売上高は10億9,470万Sドルと4.0%増加したものの、顧客の獲得・引き留めに向けた施策のコスト増大や法人向け事業の拡大に伴う人員増…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で消防車や救急車を…(05/21)

介護素材を東南アジアで拡販 京都企業、マレーシアに工場(05/21)

4月輸出額1割減、電子・非電子ともに不振(05/21)

不動産チワタイ、同業タイコープを完全買収(05/21)

卸売り販売額2%下落、電子部品が悪化(05/21)

米中貿易摩擦の激化、地場企業にも打撃(05/21)

一帯一路が経済関係を強化=副首相(05/21)

NZとの経済協定改正、新たにEC促進で合意(05/21)

水処理ハイフラックスの施設、水道局が接収(05/21)

シンガとの貿易額、10~4月は19億ドル超(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン