• 印刷する

テイクオフ:フィリピン政府は先週、…

フィリピン政府は先週、国内初の精神衛生法の施行細則(IRR)を発布した。その1週間前には、国内の有名ロックバンドのドラマーが、自身の自殺の瞬間をフェイスブックで生中継し、話題となった。今週、そのドラマーの彼女で、自殺の原因とのうわさも出ていた、ポルタ・カルロス氏が沈黙を破った。ドラマーは精神障害に苦しんでいたという。

フィリピンでは多くの人が、精神障害と「クレイジー」を同義と思っているだろう。精神障害に苦しむ人を多く知っているが、彼らのほとんどはとても優しい。話を聞くと、幼年期に受けた虐待などがトラウマ(心的外傷)となっているケースが多い。

家族や友人など周囲のサポートは、彼らにとって治療と同じぐらい重要だと思う。カルロス氏も「あなたが出会う全ての人に親切にしてください。小さな優しさが命を救うかもしれません」と言っている。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓進のスービック造船所、操業を停止(16:55)

マランパヤガス田、18年生産は過去最高(16:55)

マニラウオーター、下水整備に2400億円投資(20:13)

テイクオフ:遅すぎる――。日系の大…(02/19)

中国人不法就労者急増にメス オンラインカジノの実態把握へ(02/19)

豚コレラ域内侵入か、越から輸入禁止(02/19)

「アフリカ豚コレラ」関連資料(02/19)

租税特赦法が成立、大統領は一部条項を拒否(02/19)

遅い審査は自動承認、政府が改善へ細則案(02/19)

インフレ率は2Qに目標値内に、予算管理相(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン