• 印刷する

テイクオフ:フィリピン政府は先週、…

フィリピン政府は先週、国内初の精神衛生法の施行細則(IRR)を発布した。その1週間前には、国内の有名ロックバンドのドラマーが、自身の自殺の瞬間をフェイスブックで生中継し、話題となった。今週、そのドラマーの彼女で、自殺の原因とのうわさも出ていた、ポルタ・カルロス氏が沈黙を破った。ドラマーは精神障害に苦しんでいたという。

フィリピンでは多くの人が、精神障害と「クレイジー」を同義と思っているだろう。精神障害に苦しむ人を多く知っているが、彼らのほとんどはとても優しい。話を聞くと、幼年期に受けた虐待などがトラウマ(心的外傷)となっているケースが多い。

家族や友人など周囲のサポートは、彼らにとって治療と同じぐらい重要だと思う。カルロス氏も「あなたが出会う全ての人に親切にしてください。小さな優しさが命を救うかもしれません」と言っている。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マニラ湾の環境改善の一…(06/27)

双日とリョーユーがパン工場 25億円で設置、年商30億円目標(06/27)

2Qの企業景況感、6期ぶり高水準に改善(06/27)

2Q消費者信頼感、4期連続で悲観圏(06/27)

首都圏の経済区新設停止、申請131件に影響(06/27)

三井E&S、港湾大手からクレーン追加受注(06/27)

中国厦門航空、セブ―成都線をきょう就航(06/27)

石油公社、LNG基地建設でUAE社と覚書(06/27)

電力公社の債務、利用者への転嫁申請(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン