W&Dの労働者解雇は法令準拠、縫製協会

カンボジア縫製協会(GMAC)は26日、首都プノンペンのW&D縫製工場がストライキを行った労働者の一部を解雇したのは、法令に則った措置だとする声明を出した。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。 GMACによると、労働者たちは2018年分の年功手当を一度に払うよう要…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(16:12)

ファーウェイ制裁に懸念 スマホ利用者、サービス停止も(05/23)

証取所の出来高950万株、過去最高を更新(05/23)

シアヌークビル州、トラック通行規制を検討(05/23)

ハラル認証、18年は39社に付与=商業省(05/23)

国際機関の農業支援、6億ドルに=農水相(05/23)

豚肉価格が上昇、越からの輸入停止で(05/23)

割賦ティティコン、二輪不振で目標引き下げ(05/23)

ナガ3号館の計画書まだ 財務経済省、着工時期は未定(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン