• 印刷する

テイクオフ:アジアカップ準々決勝の…

アジアカップ準々決勝の日本対ベトナムの一戦は、日本に軍配が上がった。ベトナム代表の監督が韓国人だったため、韓国では「ミニ日韓戦」とも言われ、注目を集めた。ベトナムが予想以上に内容が良く、日本はPKでの得点を守りなんとか勝てたという印象だ。

これに対し、韓国は準々決勝でカタールに惜敗。試合は終始韓国が有利に進めるも、後半、カタールの鋭いカウンターからのゴールに沈んだ。「ボールポゼッションの高さは決して有利ではない」ことを如実に語る試合内容だった。

決勝で本当の「日韓戦」を期待していたので、韓国の敗退はなんとも残念だ。そして、「ボールポゼッションの高さよりも、確実に勝つこと」の重要性をあらためて感じた。

日本はきょう、イランと決勝への切符をかけて戦う。厳しい内容が予想されるが、ぜひ勝ってもらいたい。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:音楽ファンの聖地と呼ば…(05/21)

企業の人件費、2年で2割増 文政権の雇用政策が裏目に(05/21)

ハウ川のバムコン橋開通、2.4億ドル投資(05/21)

サムスンが日本の通信大手と会合、現地紙(05/21)

LG、企業向けに透明有機ELの電子看板(05/21)

韓国の1~3月成長率、OECDで最下位(05/21)

SUV販売が2期連続セダン超え、現代自(05/21)

現代自、全車種対象に5都市でリース開始へ(05/21)

韓国の世亜製鋼、南部に第2工場完成間近(05/21)

輸入車販売が減、人気車種供給が間に合わず(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン