経済自由度、香港が25年連続で世界一に

米保守系シンクタンクのヘリテージ財団が25日発表した2019年版「経済自由度指数」で、香港は25年連続で世界一となった。香港の指数は前年から横ばいの90.2で、世界平均の60.8を大きく上回った。 経済自由度指数は、◇法の支配◇政府の規模◇監督機関の効率性◇市場開放性――の4…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:地下鉄やバス、トラム、…(05/21)

経済悪化ならてこ入れ策も 財政長官、中小支援と内需刺激(05/21)

香港の雇用市場に悪影響も、貿易摩擦激化で(05/21)

2~4月の失業率、13期横ばいの2.8%(05/21)

肇慶市、香港人向け居住区を整備へ(05/21)

キャセイの4月旅客5%増、貨物は減少続く(05/21)

中環の道路料金徴収、6割超が支持=調査(05/21)

続落、スマホ銘柄に強い売り=香港株式(05/21)

スタンチャート、一帯一路の業務2桁成長へ(05/21)

週末住宅取引、新築は1割増の107戸(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン