18年の新車総市場、15%減の40.2万台

フィリピンの2018年の新車販売台数(輸入業者を含む)は、前年比15.3%減の40万2,006台となった。同年1月からの新車物品税引き上げや物価上昇などで需要が冷え込み、過去最高を更新した前年の47万4,428台を大きく下回り、16年(40万3,688台)とほぼ同水準に落ち込んだ。メーカー上…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:いまだに終息の気配を見…(04/25)

ルソン中部地震で建物損壊 建材の強度を問題視、監視強化へ(04/25)

国民感情に配慮、中国は韓進買収目指さず(04/25)

SMプライム、中国モール拡張に80億ペソ(04/25)

不動産フィリンベスト、設備投資45%拡大(04/25)

マニラウオーター、水不足で当局の怠慢指摘(04/25)

アボイティス、ベトナム再エネ事業に投資へ(04/25)

商銀BDO、19年は18%増益目標(04/25)

24日為替:$1=52.230ペソ(↓)(04/25)

ネスレ、25年までに全包装を再生可能に(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン