ビザ発給作業がピーク、春節控え

【北京共同】中国の日本大使館や総領事館で25日、春節(旧正月)に合わせ2月4日から始まる大型連休中に日本を訪れる中国人観光客向けの査証(ビザ)発給作業がピークを迎えた。日本政府は今月から発給要件を緩和。大使館関係者は前年同期に比べ「1~2割は申請が多い感じがする…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 観光社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

1月CPIは1.7%上昇、伸び率0.2P縮小(02/15)

マハティール首相、国交45周年で4月訪中(02/15)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(09:51)

地方政府が競って中小支援策 融資に減税、中央の方針受け(02/15)

1月の貿易4%増、プラス成長に転じる(02/15)

中国、教育などに766万ドル支援(02/15)

香港航空がNZ路線撤退、北京便は増便(02/15)

米中協議、60日延長検討か(02/15)

ササ、春節の香港マカオ市場は4.8%減収(02/15)

海外からの対中投資、1月は4.8%増(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン