• 印刷する

MRT横断線、第1期区間は29年までに完成

2029年までに開通予定のMRT横断線第1期区間は12駅から成る(LTA提供)

2029年までに開通予定のMRT横断線第1期区間は12駅から成る(LTA提供)

シンガポールの陸上交通庁(LTA)は25日、MRT(地下鉄・高架鉄道)横断線(クロスアイランドライン、CRL)の第1期区間が2029年までに完成すると発表した。同区間は12駅から成り、20年に着工する予定だ。

CRLは国内8番目のMRT路線で、3段階に分けて建設される。全線が地下を通るMRTとしては国内最長の路線となる。

第1期は、東部チャンギ空港に近いアビエーション・パーク駅から中部のブライト・ヒル駅までを結ぶ29キロメートルの区間。12駅のうちパシルリス、ホーガン、アンモキオ、ブライト・ヒルの4駅は乗換駅となる。このほかアビエーション・パーク駅の東部には、CRL向けの車両基地も建設する計画。最大80編成を収容できる。

アンモキオからアビエーション・パークまで移動する場合、現在はMRTやバスを乗り継いで1時間45分かかるが、CRLが開通すればわずか35分に短縮されるという。LTAは、第1期区間の沿線に住む10万世帯以上が恩恵を受けられると試算している。

CRLは東部チャンギ、北東部プンゴール、西部ジュロン・レイクを結ぶ路線となり、全線開通後の1日当たり乗客数は初年度に60万人、将来的には100万人超になると見込まれる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台風19号の被害状況は…(10/21)

【ASEAN戦略】訪日旅行者の需要取込へ JRホテル、海外初の商談会(10/21)

ビアードパパ運営社、カレーパン専門店開業(10/21)

ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

スタートアップ投資額、3Qは前年比36%増(10/21)

3Qホテル投資額、過去最高の28億米ドル(10/21)

不動産サイト新興企業、豪社と2カ国展開へ(10/21)

韓国Wadiz、シンガポール進出へ(10/21)

空港の商業施設、開業半年で5千万人集客(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン