国立大、次世代半導体材料の新合成技術開発

シンガポール国立大学(NUS)はこのほど、化学・生体分子工学科の研究チームが、バイオ医薬品、光センサーなど多様な分野への応用が期待される次世代半導体材料「遷移金属カルコゲナイド・量子ドット(TMD QD)」の新たな合成技術を開発したと発表した。 TMDのナノ材料…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 化学社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

18年の固定資産投資は15%増 米企業の大型投資が押し上げ(02/15)

EUとのFTAなど、欧州議会が承認(02/15)

18年の世帯月収、名目で3%増の9293Sドル(02/15)

家電量販ノジマ、コーツアジアを子会社化(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

DBSと経営大、「持続可能性」促進で提携(02/15)

株価続伸、金融最大手DBSは0.3%高(02/15)

ジール、アクシオムSLと代理店契約(02/15)

シングテル、10~12月期は14%減益(02/15)

PMDsの規定違反、18年に616人摘発(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン