• 印刷する

人材競争力ランク、越は5ランク低下

人材サービス世界大手アデコグループなどが22日に発表した2019年版の「人材競争力に関する国際調査(GTCI)」で、ベトナムは125カ国中92位となり、前年の119カ国中87位から5ランク低下した。

同調査は、「活用」「魅力」「育成」「維持」「労働・職業能力」「グローバルナレッジスキル」の6指標を基に指数を算出。ベトナムは、グローバルナレッジスキルが69位と比較的高い順位だったが、労働・職業能力が109位、魅力が91位、育成が89位と足を引っ張った。

東南アジア諸国連合(ASEAN)では、シンガポール(2位)、マレーシア(27位)、ブルネイ(36位)、フィリピン(58位)、タイ(66位)、インドネシア(67位)、ラオス(91位)に次いだ。カンボジアは107位だった。

全体では、スイスが首位を堅持。日本は20位から22位に低下した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

海洋のプラごみに強まる懸念 「廃棄物が世界4位」の統計も(02/15)

現代自「エラントラ」19年モデル生産開始か(02/15)

エミレーツ航空に罰金1500万ドン(02/15)

携帯各社に販促の一時停止を命令、政府(02/15)

PPP方式の高速道、試行停止で費用返還(02/15)

グラブ競争法違反問題で新証拠、調査継続へ(02/15)

HCMメトロ、20年10月までには試運転を(02/15)

ロンタイン空港、年内に調査完了を=副首相(02/15)

太陽光発電揚水の導入でイスラエル社と交渉(02/15)

ベカメックス、ビンズオン水道社株売却へ(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン