首都でデング熱が流行の兆し、知事注意喚起

インドネシアのジャカルタ特別州のアニス知事は23日、蚊を媒介して感染するデング熱が今年は首都で流行の兆しがあるとして注意を呼び掛けた。テンポが24日伝えた。 アニス知事によると、ジャカルタのデング熱感染者は2017年は665人で、うち1人が死亡した。18年は198人に減少したが…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

国営建設子会社、比の鉄道事業に応札へ(14:48)

小売売上高指数、4月の伸び率は1桁台(14:34)

ジャカルタ、ごみ削減コンテスト実施へ(13:35)

テイクオフ:花が好きな日本人の友人…(06/17)

【この人に聞く】独立系で初の中古車保証 プレミアG、消費者へ周知から(06/17)

DBS銀、ゴジェックとモバイル決済で提携(06/17)

フィリピン人の95%、日本就労に意欲(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

国際帝石、LNG設備建設で基本合意(06/17)

ハラル認証の取得義務、5~7年間の猶予(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン