ECRL継続の是非、再燃 「公約違反」との指摘に懸念も

昨年5月の政権交代を機に棚上げされたマレーシア東海岸鉄道(ECRL)事業計画に関して、マレーシア政府は引くに引けない状況に陥っているようだ。同事業はナジブ前政権が中国企業に発注したものだが、総工費が809億リンギ(約2兆1,500億円)に膨らむことが判明した上、資金の…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ECRL交渉、中国高官がマレーシア訪問へ(18:06)

パンダ債発行で中国と交渉中=財務相(18:05)

1月の新車販売、SUVが7割増 プロトンが2位のホンダに肉薄(02/22)

NLCCN、ハラル物流で地場と覚書(02/22)

RM=27.1円、$=4.07RM(21日)(02/22)

ホンダ、ジャズなど2車種で限定モデル発売(02/22)

サクラファインテック、地域拠点開設(02/22)

NTT、豪メガポートとクラウドで戦略提携(02/22)

東海岸鉄道事業、中国側は費用削減を提案(02/22)

グラブ、政府の業界規制混乱にいらだち(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン