• 印刷する

テイクオフ:生花が売られているとこ…

生花が売られているところをあまり見ない。植物を求めて商業施設へ足を運んでも、並んでいるのはたいてい造花。気候のせいで管理が難しいのか、単に面倒くさがり屋が多いのか、生きた植物はあまり好まれていないのかもしれない。

路面店には売っているようだが、歩行者には厳しいジャカルタの道を歩いてまで探す気も起こらない。ようやく見つけた評判の専門店はカフェと一体化したつくりになっていて、客たちは観葉植物を買いに来る目的よりも、植物に囲まれたおしゃれな空間へお茶を楽しみに来ているようだった。

気に入る品をいくつか手に入れたものの、季節は雨期。悪天候が続いて日が差さなかったり嫌な虫が寄ってきたりで手入れに一苦労。結局、増え続ける虫に耐えきれず手放してしまったものも。なんだかんだ言いながら造花派に転向する日は近いかも。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

地場車体製造、2階建て高級バスを発売(14:04)

海洋プラごみ削減、水産相が企業に協力要請(17:28)

鮮魚のネットオークション、政府が開始(17:16)

MYEG、インドネシアの電子政府事業強化(16:10)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:ホテルインドネシア前の…(07/23)

UAE企業が投資拡大へ 石化など3案件に90億ドル(07/23)

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(07/23)

仁宝、インドネシアへの投資を検討(07/23)

東風小康汽車、現地生産車の輸出拡大へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン