• 印刷する

インドの高額3紙幣、ネパールで使用禁止に

ネパール中央銀行は20日に通達を出し、200ルピーと500ルピー、2,000ルピーのインドの3紙幣の国内での保有と使用を禁じた。PTI通信が伝えた。

インド政府による2016年末の高額紙幣刷新の影響の可能性がある。ネパールではインドルピーが広く使われており、現在も数十億枚の廃止紙幣が交換されないまま国内に残っているという。ネパールのオリ首相は先に、紙幣廃止はネパール国民に痛手を与えたとした上で、インド側との協議で取り上げる方針を示していた。

通達はネパールの国民と銀行、金融機関が対象で、3紙幣の国内への持ち込みが禁じられる。額面が100ルピー以下の紙幣を使った取引は認められる。

ネパールはインド人に人気の旅行先であるため、中央銀行の判断は同国の主要産業の一つである観光産業にとって打撃となりそうだ。


関連国・地域: インドネパール
関連業種: 金融観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:動画配信アプリ「Tik…(07/22)

成長の鍵は雇用と中小都市に 新政権を考察=英IOE教授(07/22)

EV優遇政策の実施、運輸省が各州に要請(07/22)

独VW、2~3年後に国産化率92%目標(07/22)

本年度の新型発売は30車種、二輪は20車種(07/22)

中古車販売台数、昨年度は新車の1.4倍(07/22)

金融バクランジー、EV充電インフラ整備へ(07/22)

MGモーター、第1弾SUVの予約好調(07/22)

新興二輪AMW、中国春風の4モデル発売(07/22)

複合リライアンス、4~6月は7%増益(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン