• 印刷する

ラビダが4連覇、18年のセダン販売

中国自動車工業協会が発表した2018年のセダン車種別販売台数ランキングによると、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)系の上汽大衆汽車が生産する「ラビダ(朗逸)」が1位となった。15年から4年連続でトップを守った。

2位は日産自動車系の東風日産乗用車「シルフィ(軒逸)」。3位にはトヨタ自動車系の一汽豊田汽車(一汽トヨタ)「カローラ」が入り、日系勢がトップ3の二つを占めた。

スポーツタイプ多目的車(SUV)部門は、長城汽車「哈弗(ハーバル)H6」が1位。日系では東風日産の「エクストレイル(奇駿)」と「キャシュカイ(逍客)」がそれぞれ7位、9位、ホンダ系の東風本田汽車(東風ホンダ)「XR―V」が10位となった。

多目的車(MPV)は、米ゼネラル・モーターズ(GM)系の上汽通用五菱汽車「五菱宏光」が首位を独走。日系は東風ホンダの「エリシオン(艾力紳)」と「ジェイド(杰徳)」が8位、10位、ホンダ系の広汽本田汽車(広汽ホンダ)「オデッセイ(奥徳賽)」が9位となった。

■グループ別は長安が後退

乗用車、商用車を含むグループ別の新車販売台数は、上海汽車が18年も首位を維持した。2位は東風汽車、3位は中国第一汽車の構図も例年と変わらなかったが、近年はトップ3をうかがう位置につけていた長安汽車が6位まで後退。北京汽車が4位、広州汽車が5位に順位を上げた。

乗用車部門は、VW系の上汽大衆汽車と一汽大衆汽車が1、2位を独占。GM系の上汽通用汽車と上汽通用五菱汽車が3、4位に続いた。日系では日産系の東風汽車有限公司(DFL)が6位、広汽ホンダが10位に入った。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

固定資産投資、過去最低を更新 1~10月5.2%増、工業消費も低調(11/15)

華為締め出しか、表記巡りNCCが新方針(11/15)

タイ海運大手、カンボジアと広東省を接続(11/15)

一部インフラ事業の投資条件、国務院が緩和(11/15)

鴻海、5年内に粗利益率10%目指す(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

「1秒でも早く」、香港から多数学生が退避(11/15)

米中は追加関税撤廃を協議中、商務省が表明(11/15)

中国企業の海外投資、1~10月は5.9%増(11/15)

「貿易摩擦恐れず」、広達董事長(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン