• 印刷する

テイクオフ:少年の悲鳴。教師が物差…

少年の悲鳴。教師が物差しで子どもをたたく音。台湾人の義父は小学校時代の思い出を話してくれた。教師から鉄拳制裁を受ける理由は、台湾語を話したから。外省人(大陸出身者)が本省人(台湾出身者)を教化する。そんな価値観が60年代の学校教育の根幹にあった。

しかし義父が今も家庭で台湾語を話し、台湾語のドラマを見るように暴力と恐怖で人の言葉を奪い取ることはできない。むしろこの頃に教育を受けた本省人の憤慨の集積が後の台湾の民主化を推進したとも言える。

時は流れ妻の少女時代、学校は文化的多様性を守る趣旨で台湾語教育を強化。しかし皮肉にも、子どもの台湾語能力は義父の世代に比べ下降傾向に。義父にこの傾向に不満はないか聞くと、「しゃべりたい言葉をしゃべれば良い」と答えた。大っぴらに母語を話せなかった若き日を振り返り、どこか子どもをうらやむ表情にも見えた。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:春節休みを利用して、友…(02/18)

1月輸出額、3カ月連続減に 成長鈍化、1Qマイナス転落か(02/18)

鴻海1月の売上高、前月比激減も同月過去最高(02/18)

羽田空港がPR、SNS通じた魅力発信で(02/18)

鴻海がハイパワーチップ工場、中国済南市に(02/18)

ノートPC受託5社、1月売上高は明暗(02/18)

TSMCの1月売上高、前年同月比2.1%減(02/18)

世界8インチウエハー月産量、台湾首位(02/18)

聯発科技の売上高、スマホ不振で低迷(02/18)

液晶パネル4社1月売上高、軒並み前年同月比減(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン