• 印刷する

工業設備稼働率、18年は76.5%に下落

中国国家統計局は21日、2018年の工業設備稼働率は76.5%だったと発表した。5年来で最も高い水準だった17年の77.0%から0.5ポイント下落した。

部門別では製造業が76.9%と最も高かったが、前年を0.6ポイント下回った。採鉱業は71.9%、電力・熱力・ガス・水の生産供給業は73.4%で、前年をそれぞれ0.8ポイント、0.6ポイント上回った。

産業別では、石油・天然ガス採掘業(88.3%)と化学繊維製造業(81.8%)が8割を超え、非金属鉱物製品業(69.9%)は7割を割り込んだ。

稼働率の上昇幅が比較的大きかったのは、専用設備製造業(79.1%、2.8ポイント上昇)、石炭採掘・選炭業(70.6%、2.4ポイント上昇)、鉄鋼精錬・圧延加工業(78.0%、2.2ポイント上昇)。一方、化学原料・化学製品製造業(74.2%、2.8ポイント下落)と自動車製造業(79.8%、2.4ポイント下落)は下落幅が2ポイントを超えた。

第4四半期(10~12月)の工業設備稼働率は全体で76.0%となり、前四半期を0.5ポイント、前年同期を2.0ポイントそれぞれ下回った。業種別の稼働率を前年同期と比べると、自動車製造業(77.9%、5.7ポイント下落)の落ち込みが最も目立っている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ハンセン銀、「大湾区」向け投資拡大へ(02/22)

1月の新築住宅価格、上昇は58都市に減少(02/22)

ECRL交渉、中国高官がマレーシア訪問へ(02/22)

パンダ債発行で中国と交渉中=財務相(02/22)

折り畳みスマホ、100万台販売目標=サムスン(02/22)

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

大湾区綱要のシンポ開催 構想の可能性や取り組みを説明(02/22)

「じゃぶじゃぶの金融緩和」否定、李首相(02/22)

東莞の固定資産投資、5年で1兆元規模へ(02/22)

所得拡大に目標値、約20省区市が設定(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン