• 印刷する

深センのGDP成長率目標、今年は7%前後

深セン市の陳如桂市長は18日、同市第6期人民代表大会(市議会に相当)第7回会議の政府活動報告(施政方針演説に相当)の中で、2019年の域内総生産(GDP)の成長率の目標を前年比で「7%前後」に設定すると明らかにした。

ネットメディアの澎湃新聞が伝えた。陳市長は19年のこのほかの目標として◇住民所得の伸びは経済成長と歩調を合わせる◇消費者物価指数(CPI)の上昇率を3%以内に抑える◇8万人の新規雇用を創出する◇都市部の登録失業率を3%以内に抑える――などを掲げた。

18年のGDPは2兆4,000億元(約38兆7,700億円)を突破し、成長率は7.5%前後の見通し。アジアの都市で上位5位に入る見込みだと明らかにした。


関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中国、ラオスに450万ドル支援(02/19)

18年電力自給率85%に改善 中国が主導、料金引き下げ進む(02/19)

粤港澳大湾区計画の綱要発表 大方針示す、イノベ推進へ(02/19)

テイクオフ:海外から帰省した際に日…(02/19)

中国人不法就労者急増にメス オンラインカジノの実態把握へ(02/19)

大湾区計画、中国傾斜に懸念の声(02/19)

1月の新車販売15.8%減、マイナス幅拡大(02/19)

加工製品からアフリカ豚コレラ、複数企業で(02/19)

中国「いじめ」と反発、米副大統領発言に(02/19)

工商銀の理財子会社を認可、銀保監会(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン