車体の3割軽量化を提案、新日鉄住金

【共同】新日鉄住金は16日、自動車関連の展示会に初めて単独出展した。鉄鋼素材だけで従来より約3割軽くした車体の設計を提案。車の燃費や電気自動車(EV)の航続距離の向上には軽量化が欠かせず、技術力をアピールして軽量素材のアルミに対抗するのが狙いだ。 同社が出展した…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

日本語教師、授業に生活・文化事情の反映を(13:02)

プノンペン特区社が新会社 SEZ開発加速、非土地販売も強化(02/18)

【書籍ランキング】1月31日~2月6日(02/18)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(下) 車両どう活用、金融機関と協業へ(02/18)

三思会がクリニック開業、医療法人で初認可(02/18)

プノンペン特区社、18年通期は純利益3倍へ(02/18)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/18)

地方大学でIT人材発掘 日本企業、AP州で就職説明会(02/18)

日豪褐炭水素計画に環境認可 2020年生産開始に向け前進(02/18)

日本支援のマニラ南北通勤鉄道が着工(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン