• 印刷する

上環のオフィス、スタートアップに人気

香港島・セントラル(中環)に近い上環にある古いオフィスビルが、セントラルでは賃料が高すぎてオフィスを借りられないスタートアップ企業や小規模企業の間で人気となっているようだ。サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

香港の不動産ファンド、天誠資本国際(Tenacity International)は昨年6月、上環にある築36年のオフィスビル「299QRC」を21億HKドル(約293億3,000万円)で取得した。同社のパトリック・ウォン最高経営責任者(CEO)によると、テナントの約25%がセントラルから移転してきた企業で、イノベーティブ企業やデザイン会社、金融会社などの入居が多い。

上環では1平方フィート(約0.09平方メートル)当たりの賃料相場は30~40HKドルなのに対し、セントラルでは100HKドルを上回る。ウォンCEOは、「香港島ではオフィスの供給量に限りがあるため、上環のオフィス賃料が大幅に下がることはない」との見方を示した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

DBS、香港の18年純益37%増=過去最高(12:33)

テイクオフ:香港では最近、政府が定…(02/18)

地場漁業の振興に着手 養殖場を増設、漁獲量6倍超へ(02/18)

羽田空港がPR、SNS通じた魅力発信で(02/18)

1月のコンテナ取扱量、12カ月連続マイナス(02/18)

1月の空港統計、貨物のマイナス続く(02/18)

大埔の宅地、新鴻基が63億ドルで落札(02/18)

顧客数2倍へ、新サービスで=信銀国際(02/18)

MPF改革で税控除増額など5提案、金発局(02/18)

続落、本土経済指標が売り材料=香港株式(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン