• 印刷する

中国企業に開発権、庁舎建設が条件

カンボジア政府は、中国企業チェン・チン・タイに対し、首都プノンペンのポーセンチェイ区の国有地11.18ヘクタールを開発する権利を与えた。北部ルセイケオ区に公共事業・運輸省の庁舎を含むビル4棟と倉庫5棟を建設することなどが条件。クメール・タイムズ(電子版)が15日に伝えた。

チェン・チン・タイは、ルセイケオ区の土地3.96ヘクタールに、庁舎やホール、図書館を内装まで含めて整備し、倉庫も建設する。既存のビル6棟も改修するほか、公共事業・運輸省に建機も提供する。ルセイケオ区の土地は同省交通総局が保有している。

世界各国の汚職を監視している非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル(TI、本部ベルリン)カンボジア事務所のプレップ・コル専務理事は、今回の合意を批判。「国家だけでなく市民生活にも関連する問題は、プロセスも含めて透明性の確保が必要」と述べ、公共事業・運輸省はもっと早く公表するべきだったと指摘した。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 建設・不動産政治

その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】全国民が「非知識層」に 砂上の教育(中)次世代にバトン(06/27)

クリスエナジー、原油生産へ3D調査を開始(06/27)

首都の物流拠点開発、事業化調査が始動(06/27)

建設中の全ビルを検査へ、倒壊受け首相指示(06/27)

国鉄、7月からカンボジア国境まで運行(06/27)

アジア開銀、労働者の技術向上へ6千万ドル(06/27)

観光省、シエムレアプのホテル60軒を格付け(06/27)

中国政府、地雷除去の機材を支援(06/27)

ニュースPICK UP(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン