主要12港の貨物量、4~12月は3.8%増加

インド主要12港の2018年4~12月の貨物取扱量は前年同期比3.8%増の5億1,860万トンだった。9港がプラス成長となった。 港湾別では、西部カンドラ港の取扱量が8,491万トンと最も多く、全体の16%を占めた。以下、東部パラディープ港、西部ジャワハルラル・ネルー港(JNPT)、…

関連国・地域: インド
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:右も左も白ばかり――年…(01/24)

スズキが新型ワゴンR発売 車体拡大し快適に、月2万台目標(01/24)

タタがSUVハリアー発売、127万ルピーから(01/24)

タタ・パワー、デリーにEV充電器設置へ(01/24)

ラカイン州、マウンドーに経済区を3月設置(01/24)

中古車販売トゥルービル、10億ルピー調達(01/24)

サカタのタネ、南部ベンガルールに新拠点(01/24)

全日空と日航、日本から印南部へ新路線(01/24)

自動車部品輸出が容易に、韓印機関が提携(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン